第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?

第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?

私達の生活にかかせない電気ですが、それを支えているのは紛れもなく、電気工事士の方です。

電気工事士の方がいなければ、快適な暮らしを送ることは不可能と言えます。

しかし、電気工事士って実際にはどんな仕事を行っているのか、知らない方もたくさんいると思います。

今回はその中でも、第二種電気工事士の仕事内容について紹介したいと思います。

第二種電気工事士の仕事は大きく分けて2つある

電気工事士の中でも資格の内容によってできる範囲があり、第二種電気工事士は一般用電気工作物の電気工事ができます。

一般住宅や商店など低圧受電のもので、道路などにある電柱から変圧器で600V以下に落として受電するものです。

私達の暮らしを支えている電気工事士の仕事は大きく分けて2つあります。

今回はその2つを紹介します。

建設電気工事

まずは、住宅、施設や工場、ビル、病院、事務所などのあらゆる建物の電気の設備の設計、施工を行うのが、建設電気工事士です。

毎日の暮らしに必要な、電気を安心して使用できるようにしてくれるのが電気工事士の仕事です。

屋内に限らず屋外の設計、設備の施工も行います。

身近な例だと、エアコンの取り付けやコンセントを増やしたりなど身近な物から規模の大きい工場設備などの電気工事を行ってくれます。

ただし、電気工事には電気工事士の持つ資格の種類によって、できる範囲が異なるのも特徴です。

鉄道電気工事

電車の移動は通勤などでも毎日使用している人も多いのではないでしょうか。

何気なく毎日している電車ですが、それを一部支えてくれているのもやはり電気工事士の方と言えます。

災害や、何か不備があった時に一番に駆け付け対応してくれるのが電気工事士だからです。

毎日皆さんが安心して通勤や、移動手段として使用できるように日々働いてくれています。

第二種電気工事士は大変な仕事

第二種電気工事士は大変な仕事

第二種電気工事士はできる工事の幅が広がることから様々な場面で活躍できます。

仕事がなくなることもなく、安定した職業ですが、第二種電気工事士は危険なだけじゃなく、体力面でも大変な仕事だったんです。

労働時間に差がある

住宅などを主に扱っている会社や、個人であればそれほど業務の差はないですが、作業内容によっては、長時間の勤務が必要をなる場合もあります。

それにスーパーや工場などの施設では営業時間終了後か営業時間前などにしか作業ができない場合もあり、夜間の作業も考えられます。

鉄道は基本的に深夜になりますし、何か不備や、災害などがあれば急を必要とします。

電気工事士は意外と電気の事だけと思われていますが、労働時間だけでなく、実は設備をする場合には穴を掘ったり高所での作業など体力も必要なことも多くあります。

やりがいのある仕事

電気工事士は大変なだけではありません。

とてもやりがいのある仕事だと思います。

生活を支える第二種電気工事士

大変な場面も多くある電気工事士ですが、やりがいの方が大きくあると思います。

現代社会では電気がなければ生活することはできません。

また、災害などで一番困るのは食料意外でライフラインです。

電気が通っていなければ、電車も使用することができず、家の全般を電気で賄っている世帯であれば、生活のほとんどができなくなってしまいます。

そうなった時はまずはライフラインの復旧が最優先で、第一線で作業してくれるのが電気工事士の方々です。

電気がなければ、医療現場でも必要な処置を行うことができなくなったりと、生活面でも困ることしかありません。

それを安全に、安心して使用できるように支えているのが電気工事士の仕事なので、やりがいを感じやすい仕事だと言えます。

私達の生活を支えてくれている電気工事士の皆さんに感謝ですね。

第二種電気工事士のまとめ

今回は第二種電気工事士のことについて紹介しましたが、電気工事士の方の仕事はとても大変だけど、やりがいのある仕事だと言うことが分かりました。

第二種電気工事士では無資格の人より工事できる範囲も広がります。

現場経験をたくさん積むことが大事で、現場数が多いほど色んな知識や、問題の対策にも役立ちます。

第二種電気工事士を目指したい方は、是非参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。