未分類

第二種電気工事士の資格は難易度が高い?資格の取得条件と合格率を調べてみました!

第二種電気工事士の資格は難易度が高い?資格の取得条件と合格率を調べてみました!

暮らしを支える電気工事士ですが、なるのにはどんな資格が必要か知っていますか?

電気工事士の資格は国家資格になるんです。

国家資格と聞くと難しくて合格率の下がるイメージですが、電気工事士の難易度・・気になりませんか?

そこで今回は、電気工事士の資格の難易度について調べてみました!

ここでは国家資格である電気工事士について、資格を受ける条件や難易度を紹介したいと思います。

第二種電気工事士は誰でも取得できる

電気工事士を目指すならまずは、第二種電気工事士を取得します。

そんな第二種電気工事士の資格受験の条件を紹介したいと思います。

必要な受験資格がない

第二種電気工事士は国家資格ですが、必要な受験資格がありません。

国家資格なら専門学校や、実務経験が何年必要などの資格と受けるための条件などが必要なものが多いです。

しかし第二種電気工事士は必要条件がなく、誰でも資格を取得することができます。

ということは、若いうちに電気工事士を目指したい人も、転職したいと考えている人でも誰でも電気工事士を目指しやすいということですね。

第二種電気工事士の資格取得の難易度

国家資格と言ったら、やはり難易度も高いのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで第二種電気工事士の資格の難易度を調べてみました。

難易度は高くなく、合格率も高い

第二種電気工事士の資格は誰でも勉強すれば取得しやすい資格です。

第二種電気工事士の資格は専門知識を持った人が受けるといよりも、これから電気工事の仕事を始める人が知っておくべき基本的な知識の勉強といったイメージです。

なので、比較的に専門的な技術が必要な国家資格よりも合格率も高く、誰でも勉強すれば受かりやすい資格と言えます。

筆記試験の合格率は平均で59.6%、技能試験は平均69.1%とどちらも半数以上の合格率になっています。

第二種電気工事士は合格率が高いですが、いくら合格率が高いと言っても、電気工事も専門の職業なので、勉強や、技術の練習をしなければさすがに受かりません。

今は便利な時代で、参考書の他にスマホのアプリからでも過去問題集などを利用して勉強することができます。

参考書とアプリをうまく活用しながら、資格取得に繋げていってくださいね。

電気工事士の資格まとめ

第二種電気工事士は国家資格ですが、資格の取得条件はなく、合格率の高いことが分かりました。

電気工事士を目指すなら、まずは第二種電気工事士の資格を取得しましょう。

電気工事士はとても実用性が高く、職には困ることがない職業です。

若い方から年配の方まで幅広く活躍できるお仕事なので、資格を持っていて絶対に損はない資格だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電気工事士の仕事内容について詳しく知りたい方はコチラ↓

第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?
第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?私達の生活にかかせない電気ですが、それを支えているのは紛れもなく、電気工事士の方です。 電気工事士の方がいなければ、快適な暮らしを...