未分類

電気工事士になるには、どんな人が向いているの?知っておきたい4つの特徴とは

電気工事士になるには、どんな人が向いているの?知っておきたい4つの特徴とは

電気工事士を目指していても、就職に不安を抱えている人は多いです。

転職や、新しい仕事を始める時に、自分はこの仕事に向いているのか?ダメだったらどうしよう・・という不安を抱える人も少なくないと思います。

どの職業でも、資格を取得したけど結局違う仕事をしている、という方も多くいます。

働いてみないと実際には分からないということもありますが、今回はどんな人が電気工事士に向いているのかを紹介したいと思います。

電気工事士に向いている人とは?

実際に電気工事士にはどんな人が向いているのか、調べてみました!

丁寧で慎重に行動できる人

第一に電気や電気工事に関わるのが好きかだと思います。

電気工事に関心や興味がないとまず続きません。

適正で言えば、作業が丁寧で正確さや慎重な人が向いていると言えます。

電気工事には高所の作業や配線を扱うことが多くあります。

作業中は常に危険と隣合わせで、感電だけではなく、配線の組間違いで火災の危険性も伴います。

なので、作業を雑に行ってしまう人や気が短く冷静さに欠ける人は電気工事作業には不向きを言えます。

体力のある人

意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、電気工事士は体力のいる仕事です。

電気工事には高所での作業や、設備系のお仕事もあります。

工事の納期によっても、夜中勤務などの可能性も考えられます。

電気工事士は意外にも体力もある程度必要になってきます。

物造りや、機械が好きな人

電気工事は少しでも間違えると大きな事故に繋がってしまう可能性があります。

なので工程をとても大事にします。

電気工事の種類は小さいものから大きなものまで様々で、住宅やビルなど建築の全てに関わっていきます。

物造りが好きな方や、機械いじりが好きで苦にならない方の方が電気工事士には向いていると言えると思います。

臨機応変な対応ができる人

工事の全てに関わる電気工事士ですが、もちろん電気工事士の人が全部行える訳ではありません。

1つの建築物を造るにはたくさんの業者の人が関わってきます。

他の業者が作業している時には自分の作業が予定通り進まないこともあります。

そんな時に臨機応変に対応して他のできる作業に移ったり、他の業者さんに掛け合って対応してもらうなど、他のたくさんの業者との関わりも大事になってきます。

その他にも、作業中のトラブルや故障などにも冷静に対応して作業できることが大事です。

電気工事士に向いている人のまとめ

・丁寧に慎重に行動できる人
・体力に自信のある人
・物造り・機械が好きな人
・臨機応変な対応ができる人

電気工事は常に危険がついてくるお仕事なので、作業が丁寧で慎重な人が向いているんですね。

ですが、ここで当てはまらないからと落ち込む必要はありません。

上記で記載した通り、まず第一には電気や電気工事に関わるのが好きか、が大事です。

その気持ちがあればまずはトライしてみることをおすすめします。

万が一やっぱり合わなかった・・となっても、自分が好きなことに少しでも関われたことは、自分のプラスになっていくと思います。

電気工事士の仕事を詳しく知りたい方は、コチラも一緒に読んでみてください。

第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?
第二種電気工事士は大変なだけじゃない!やりがいのある仕事内容とは?私達の生活にかかせない電気ですが、それを支えているのは紛れもなく、電気工事士の方です。 電気工事士の方がいなければ、快適な暮らしを...